使っていただいてこそ、モノの価値が生まれる

私たちが作るモノは、手作りの生活道具、心を満たす工芸品。

<モノづくりをする時の私たちの気持ちは>

〜使う人が、楽しく素敵な気持ちになれますように〜
〜気持ちよく寛げていただきたいな〜
〜生活に潤いとかユーモアが生まれるように〜
〜子供にプレゼントしたくなっちゃう〜
〜使う人をより魅力的にしたいな〜

<好きなモノ作りを熱っぽく取り組めた時こそ、新しい発見が生まれるんだね>

〜材料も、道具も、技法も編み出されて、はじめてオリジナルな作品が生まれるんですね〜
〜それをどれだけ熱っぽく取り組めるかが、作品に現れてしまう〜
〜モノを作っていると、自分の限界を超えているという実感が感じられる時があるね〜
〜モノ作りは、最高の修行だし最高級の遊びだと思う。こんなに楽しいことはないよー〜

<お客様が新しい発見、使い方、遊び方を見いだしてくれるんです>

〜気に入ったクラフト作品に遭遇し、手にした時の満足感はかけがえのない喜びを感じるね。〜
〜こんなワクワクするものは、どんな人が作ったんだろう〜
〜心が伝わる素敵なプレゼントができて良かった〜
〜ちょっと無理したけど、ながーく愛せるモノが見つかって嬉しい〜

けど、お客さまに買って、使ってもらわなくては、価値がないものと同じです。

私たちの協会は、一人一人の会員が取組んでいることを会としてサポートし、いろんな領域の作家が集まっているからこそ生まれる価値を創造し、使い手と作り手を結ぶ活動を模索して、ここに入って良かったと思える協会の実現を目指しています。

         ■ 皆んなの考えが反映できるような運営を目指しています


     一人では難しいけど、大勢いるからできる、という集団の良さを活かして、作り手と使い手を結ぶ活動を主眼に、会員をサポートします。

広報活動チャートjpg.jpg




          ■ザックバランに話し合える”サロン”みたいなのがいいね!

         こんな数人の話しの中から、”サロン”の発想が生まれました。
        ・会議ではなくて、気楽に皆んなが集まっていい方向を見つけ出すサロンみたいな集まりがイイね。
        ・ザックバランに自由に話し合う機会を大切にしたいね。
        ・“楽しく、意義のある協会にしたいな”ということで、3つのサロンをつくりました。

サロンの考えjpg のコピー .jpg




          ■良いテーマは、話だけに終わらず、実行に移していきたいね

         

          みんなの意見が出やすい環境をつくって、取組みたいテーマについては、話だけに終わらず、実行に移すように心がけています。